Canonのミラーレスカメラが欲しい

最近、EOS 7Dを持ち歩いて娘の運動会、文化祭へと撮影機会が多かったです。

子供の成長を見れる事、写真に残せる事に幸せを感じながらも

カメラの重さにだんだん不満を抱くようになってます。

最近のカメラの値下がりのすごい事に圧倒されながらも

ミラーレスに興味が湧いているからだと思います。

欲しい!今すぐ欲しい!ってな感じになってきており、電気屋に立ち寄る回数も増えている・・・



今までのレンズ資産がもったいないので、当然canonのミラーレスが発売されるのを待つ事に・・・

いったいいつになることやら。

今年中に発売日を発表してほしいものです。発売されるならIMG_2668.jpg

オンボードのグラフィックでも1920×1600の解像度を利用できる

2011-10-26 00.10.14.jpg

Intel® B65 Express Chipset
Graphics DVI-D and VGA connectors for processors with Intel® HD Graphics

便利な世の中が怖いと思う年頃です。

一昔前では考えられなかった事が、多々標準で利用できるようになっています。

つい先日

会社用のパソコンを入れ替えた時のことです。

オンボードのグラフィックで1920×1600の解像度を利用できるではありませんか!

自作とは無縁の世界が長かったので(ペンティアム4以降自作した事が無い)

グラフィックボードのメモリー、世代番号すら何が何やらわからず・・・

勉強の秋!

少しその辺の事を勉強してみようと思ってしまった。

canon デュアルdigic5搭載 EOS-1D Xを発売

IMG_0331.jpg

あれ?11月3日の発表を楽しみにしていたのですが、正式に発表されちゃいましたね。

最上位モデルからの発売とはじらしますね。一気にエントリー、ミドル、最上位モデルを大々的に発表するものだと思ってました。

さすがに最上位は値段が高い!とても手が出ませんし、気軽に持ち運べないので

興味は今のところありませんね。

ミドルの後継機種が気になります。まだかな〜

素人カメラマンながらEXTENDER EF2×III レンズの焦点距離を2倍 気になる!

IMG_1705.jpg

レンズの焦点距離を2倍に伸ばす高性能エクステンダーなるアイテムを見つけてしまったよ。

何がどうなる?!レンズ買うより安そうなのだが

いろいろなレビューを見ていると組み合わせるレンズによっては

オートフォーカスができない?などいろいろ制約がありそうだ。

実際に自分のレンズにつけてどのように変化するのか?

とても気になる・・・

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/extender/index.html

EXTENDER EF1.4×IIIレンズ構成:3群7枚
質量:225g
希望小売価格:55,000円
(ケース付き、税別)

EXTENDER EF1.4×IIレンズ構成:4群5枚
質量:220g
希望小売価格:52,000円
(ケース付き、税別)

EXTENDER EF2×IIIレンズ構成:5群9枚
質量:325g
希望小売価格:55,000円
(ケース付き、税別)

EXTENDER EF2×IIレンズ構成:5群7枚
質量:265g
希望小売価格:52,000円
(ケース付き、税別)

やっぱり発売されてきた貼るだけで裸眼3Dに変換するシート

IMG_2696.jpg

http://pic3d.net/

貼るだけで裸眼3Dになるディスプレー保護フィイルム?!

結局こういったシンプルなものから3Dが流行るのだろう。今までメーカー手動で3D、3Dと話題を

捏造していたのではユーザーの選択が無かったですからね。

個人的には

3Dよりホログラムに力を入れて欲しいです。まさにSFなんですが・・・

会社ではwindows、家ではmacを使って感じたこと

IMG_2668.jpg

ituneしかり、app storeしかり

基本的にmacのサービスは、さくさく感を感じさせないような気がしますね。

何らかの計算されたデザインなんでしょうが、気分よくおしゃれに操作する時と

ここでどーん!的な仕事で使う時のように・・・その中間的なものが欲しいですね。

デザイン以上に、実際に重いんですが・・・

これはappleが苦手としているWEBサービス、クラウドが

ios5で改善された以降に多少改善していくんでしょうね。楽しみです。

Canonのフォトブックサービスが気になるけど評判はどう?

IMG_2702.jpg

文庫本ぽいデザインであり、価格も比較的安いそう?(枚数が増えると割高?)

なので、Canonのフォトサービスが気になる。頃合いを見て注文してみよう。

http://wpb.imagegateway.net/top

ピントズレした写真を簡単に修正レタッチするソフト backinfocus

IMG_2643.jpg

ピントズレした写真は、基本的に修正できないと言われています。

泣く泣くゴミ箱行きになる悲しい写真ファイルでしたが

backinfocusを使えば、綺麗な写真に一発修正でき、お気に入りの写真に早変わりするかもしれませんね。

http://www.infinisys.co.jp/product/backinfocus/

lightroomからpicasaにアップロード公開するためのプラグイン

IMG_2449.jpg

有料みたいな感じですが、公式サイトから紹介されていたりするので安心して利用できそうです。

設定もおまかな部分までカスタマイズすることができ便利です。

共有目的ではなく、lightroomからpicasaへ写真の公開専用としてこのプラグインは重宝しそうです。

http://regex.info/blog/lightroom-goodies/picasaweb

誰でも簡単に写真から要らない箇所をきれいに削除できるツール Inpaint

Inpaintを利用すれば誰でも画像のレタッチ(要らない部分を削除)ができます。

操作は簡単!写真から削除したい箇所をドラッグで選択するだけで、数秒で違和感なく

指定した部分だけが、なくなった写真を作成できます。

実際に空の写真から、雲をサクッと除去してみました。
拡大すると粗い?多少劣化していますが、遠目では全然違和感がありません。。。

実際の違いは下の写真でどうぞ!

削除前


削除後


http://www.theinpaint.com/

無料でも利用、ソフトの機能を確認できますが、保存ができません。

他のレタッチソフトを使わなくても、数秒でサクッとレタッチしたいときは、利用価値があると思います。