lightroomからpicasaにアップロード公開するためのプラグイン

IMG_2449.jpg

有料みたいな感じですが、公式サイトから紹介されていたりするので安心して利用できそうです。

設定もおまかな部分までカスタマイズすることができ便利です。

共有目的ではなく、lightroomからpicasaへ写真の公開専用としてこのプラグインは重宝しそうです。

http://regex.info/blog/lightroom-goodies/picasaweb

Wifi対応のフォトフレームを購入したい picasa、flickr対応

IMG_1725.jpg

そろそろ省エネ化され一巡しているフォトフレームを購入しようと検討するも

wifi、LANに対応した新製品が無い事に驚かされる。

これだけ無線無線とその他の電化製品は無線化している中で、何故かフォトフレームだけは進化が止まっている。

3年ぐらい前までは、各社1回だけ?wifi製品を発売している形跡はあるが

今はwifi対応を発売していない。なぜなのか?その後は動画が見れたり、音楽が聞けたり

眼鏡なしの3D表示が見れたりと、違う方向に暴走している感じを受ける。

picasa、flickrの使用変更が多すぎて、そのapi対応に追いつかなかった?

まあ、他社サービスを絡めるとどうすることもできませんので

そのサポートが割りに合わないのかもしれない。

うーん。大手メーカーさんで無くてもいいので、どこか発売して欲しいですね。

日本で駄目なら海外を調べてみるか・・・

PicasaからFacebookページのアルバムへアップロードする方法

IMG_1725.jpg

PicasaからFacebookの写真アルバムへアップロードする方法は

下記のプラグインをpicasaにインストールする事でできます。



いざ、アップロードしてみると1度にアップロードできる枚数に制限が

あるのは仕方が無いとして、Facebookページの方にアップロードできないのは

少し困ったものです。

何か方法がないのかな~?

http://apps.facebook.com/picasauploader/?&_fb_fromhash=6690b9805e6d68daa2ca44d8d1689019

フォト蔵管理もpicasaプラグインを使うと便利です

IMG_2000.jpg

picasaにフォト蔵プラグインをインストールすると、picasaから簡単に写真をアップロードすることができます。

また、フォト蔵のWEBサイトからアップロードするより早く簡単にアップロードできるので

使わない手はありません。

基本的に容量制限がなくなったPicasaウェブアルバムを使うのがスタンダードになりつつありますが、昔から利用して愛着のあるフォト蔵も更新したい!欲張りさんにベストな選択だと思います。

http://photozou.jp/photo/uploader_picasa

ネットでプリントするのはSnapfishがおすすめ!フォトブックも便利

IMG_2239.jpg

インターネットで写真をプリントすると安くなります!大体の相場が1枚(L)30円だと思いますが

店頭でもキャンペーン、回数により割引が受けられ安くなりますが

ネットの場合は更に安くなります。※サイトにもよりますが、Snapfishでは事前にクーポン券を購入することで

1枚9円と1枚あたり10円をきってきます。これだけやすいとタバコを1箱、ビールを1缶やめて、家族の為に写真を印刷する気にもなりますね。

今後はバージョンアップしたpicasaで写真を管理することが、広がりそう?です。

Snapfishはpicasaと連動して、印刷するアルバム設定を簡単に行うことができます。いちいちアップロードしなおしますが・・・

それでも、連携しているメリットは多々あります。

今後の写真管理はpicasa、Snapfishで決まりですね。

アンドロイドのGoogle+アプリはpicasa連動が便利すぎる

IMG_2014.jpg

アンドロイドのGoogle+アプリを使えば、
撮影と同時に写真をpicasaへアップロードしてくれる!

Google製なので広告表示はない!安定したアップロード(3G、wifiのみ、動画のみ、写真のみなど設定可能)できます。

セキュリティーを考えて、アップロードされた写真、動画は必ず非公開になりますが

SDカードの容量が実質無限になるので今後は重宝しそうです。

※picasaはGoogle+利用アカウントになると2048×2048サイズ、15分以内の動画は無制限となっています!(無敵すぎる)

Wodpressのメディア画像をPicasaの指定アルバムにアップロードするプラグイン

IMG_1733.jpg

って、無いですかね。その逆で、Picasaの写真をWOrdpressで利用できるプラグインはたくさんあるのにね・・・。

これは、水風船釣りです。1個もとれない場合は、もらえないっという、子供泣かせのルールがありました。5回ぐらい鴨にされるお客さんもおおいんでしょうね?!風船の原価っていくらよ?!

picasaアルバムの写真をWordPressで表示する Picasa Express x2

IMG_0705.jpg

picasa WEBを利用しているんだから、わざわざWordpressにアップロードしなくても・・・

①アップロードする時間がもったいない!
②サーバーのHDD容量を節約できる!
③外部ネットワークへ分散することで表示が高速?

などなど、メリットが多そうなので
Picasa Express x2をインストールしてテストしてみました。

ギャラリーはどうやって設定するのかな~。

Picasaの写真データをWindowsエクスプローラーで管理できるツールソフト

GLADINET Cloud Storage Access Platform Solutions

GLADINET Cloud Storage Access Platform Solutions



Picasaで管理している写真ファイルを、日頃使い慣れたWindowsのエクスプローラーでさくさく管理できるクラウドツール「GLADINET」が便利です?

PicasaにはWindows版ソフトがあるので、普段アルバムを管理する場合は、Picasaソフトで管理をすればよさそうですが、一時的にさくさくネットワークに写真をアップロードする場合はGLADINETを使うと便利だと思います。

GLADINETで、アップロードされた写真は、非公開なのでセキュリティー的にも問題なさそうです。

またGLADINETは、窓の杜でも紹介されているので、安心して利用できそう?変なマルウェアは無い?

後、Picasa意外にもGoogle Docなど幅広いクラウドサービスをローカルストレージと利用できるので、インストールしておいてもよさそうですね。

緊急で家のPCとノートパソコンで大容量のファイルを移行する場合に重宝します。

Picasaで写真管理、スマートフォンと連携 保存容量の実質無制限

Picasa

Picasa



知らない間にPicasaがすごいことになっていますね。

ある意味ダントツのサービスになっていると思います。

今までは、1GBを超えると有料になっていましたが
この制限を大幅に変更しています。これもGoogle+など既存のサービスと絡めた場合
必然の対策ですね。

Google+(ソーシャルネットワーク)を利用している場合と、利用していない場合では

アップロード保存できる画像のサイズに違いがあります。

まあ、800×800でも十分と言えば十分なんでしょうが。

1GBの無料利用を超えると自動的に、画像のリサイズを行ってくれるみたいなので

利用者はあまり気にすること無く利用できそうです。

本格的に利用するのは、Google+のアカウントを取得(2048×2048で保存可能/無料)してからがいいかもしれませんね。


「詳細」
■Google+ に登録済みの場合

2048×2048 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。
自動サイズ変更

Google+ にアップロードした写真は、すべて自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更され、無料の保存容量の割り当てにカウントされません。

無料のサイズ制限を超えて Picasa ウェブ アルバムにアップロードされたすべての写真は、1 GB の無料保存容量にカウントされます。保存容量の上限に達した場合、無料のサイズ制限を超えて新しい写真を Picasa ウェブにアップロードすると、自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更されます。


■Google+ に登録していない場合

800×800 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。
自動サイズ変更

無料のサイズ制限を超えてアップロードされたすべての写真は、1 GB の無料保存容量にカウントされます。保存容量の上限に達した場合、無料のサイズ制限を超えて新しい写真を Picasa ウェブにアップロードすると、自動的に(長い辺が)800 ピクセルにサイズ変更されます。

http://picasa.google.com/