激安!snapfishで写真プリントを試して見て評価感想

IMG_1238.jpg

写真管理ソフトpicasaとの相性もばっちりな、snapfishで写真印刷を、ネットで注文しました。

初回入会時に、20枚と50枚のクーポン券が2枚自動で貰えたので

今回はお試しということで、20枚クーポン券を利用し注文しました。なんと!総額150円!

1枚あたり7.5円と激安プリントですね。

夕方頃の注文にも関わらず、注文後2日目の朝にはポストに届いていました。

めっちゃ早い!クレジット決済でしたので、最短コースで届いた感じです。

肝心の写真のできばえはと言えば

写真の見栄えとしては、十分なクオリティーだと思います!が、用紙がペラペラなのでなんか頼りない印象もあります。

まあ、アルバムに挟んだ時にペッタンコになるので

気にしないことにしましょう・・・

厚くて重くなると、配達料金が高くなるので、なるべく薄く軽い物になっているんでしょうか?

1000枚単位で注文する人も多いと思うので、そんなもんでしょう。(勝手に納得)

今後はその他のサービスも積極的に利用し比較していきたいと思います。

snapfishに高評価の90点!
2011年9月29日時点

Picasaで写真管理、スマートフォンと連携 保存容量の実質無制限

Picasa

Picasa



知らない間にPicasaがすごいことになっていますね。

ある意味ダントツのサービスになっていると思います。

今までは、1GBを超えると有料になっていましたが
この制限を大幅に変更しています。これもGoogle+など既存のサービスと絡めた場合
必然の対策ですね。

Google+(ソーシャルネットワーク)を利用している場合と、利用していない場合では

アップロード保存できる画像のサイズに違いがあります。

まあ、800×800でも十分と言えば十分なんでしょうが。

1GBの無料利用を超えると自動的に、画像のリサイズを行ってくれるみたいなので

利用者はあまり気にすること無く利用できそうです。

本格的に利用するのは、Google+のアカウントを取得(2048×2048で保存可能/無料)してからがいいかもしれませんね。


「詳細」
■Google+ に登録済みの場合

2048×2048 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。
自動サイズ変更

Google+ にアップロードした写真は、すべて自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更され、無料の保存容量の割り当てにカウントされません。

無料のサイズ制限を超えて Picasa ウェブ アルバムにアップロードされたすべての写真は、1 GB の無料保存容量にカウントされます。保存容量の上限に達した場合、無料のサイズ制限を超えて新しい写真を Picasa ウェブにアップロードすると、自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更されます。


■Google+ に登録していない場合

800×800 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。
自動サイズ変更

無料のサイズ制限を超えてアップロードされたすべての写真は、1 GB の無料保存容量にカウントされます。保存容量の上限に達した場合、無料のサイズ制限を超えて新しい写真を Picasa ウェブにアップロードすると、自動的に(長い辺が)800 ピクセルにサイズ変更されます。

http://picasa.google.com/